読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーリ!!! on ICE ファンフィクションのメモ

ユーリ!!! on ICE ファンフィクション

ユーリ!!! on ICE ファンフィクションのメモ

 

Yuuri Katsuki Secret Route Walkthrough/FAQ - Metis_Ink - Yuri!!! on Ice (Anime) [Archive of Our Own]

カップリングが勇利とヴィクトル、それから読者とキャラクター。このファンフィクションの中でユーリ!!! on ICE乙女ゲームになっている。乙女ゲームのコミュニティでニキフォロフ‐勝生ルートの攻略手順を示している、という設定。

乙女ゲームのプレイヤーが、勇利を攻略できない、と嘆くところからこのファンフィクションは始まる。他のプレイヤーから、そのルートが細かく記されているFAQがあるよ、と反応が返ってくる。そのやりとりのあとに、FAQの詳細が続く。

とても面白かった。恋愛シミュレーションゲームのキャラクター攻略方法を詳しく解説する、という形式を使って、ユーリのキャラクターの個性をとても上手に反映させていると思う。

勇利のルートの名称が勝生ルートでないのが面白い。ざっと読んだだけでも勇利のルートがとても複雑だと思う。それからヴィクトルは攻略できない。

 

Golden Days - Ren - Yuri!!! on Ice (Anime) [Archive of Our Own]

カップリングはユーリとオタベック。オタベックと遊びに出かけて、遅くに帰ってきたユーリに、じいちゃんがオタベックをうちに連れてきなさい、と言う話。

とてもかわいかった。オタベックを家に招く前も招いた後も、そわそわしているユーリが愛らしい。

「物事は変わっていくと知っている、たとえこの国でも」というじいちゃんのセリフが印象的だった。